【ジバンシィ】ドレスドアンドレスド 2012-13年秋冬コレクション – 構築的なアイテムの中に見える脆さと繊細さ

ジバンシィ

2012年3月22日、ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)が、同ブランド初となるランウェイショーで2012年秋冬コレクションの発表を行ったテーマは「HOMUNCULUS(人造人間)」ジバンシー 偽物「私達人間は動く影私達人間は日々、もう一人の自分を作り出している」というパンフレットに書かれた言葉と、会場に響くピアノの音、ランウェイのバックに設置された大きなスクリーンがこれから始まるミステリアスな世界へと私たちを誘った

 

鼓動のような重低音が響き始め、ランウェイにモデルが現れる白のワイシャツに黒のパンツというごくシンプルなスタイリングを特異なものにしているのは、シャツの上から身につけた拘束具のようなヒモだ「日常生活で多々あるしがらみやタブー、自分自身の殻、それらを破りたい」(デザイナー北澤)という気持ちからアイテムの着想を得たもう一つ特徴的なアイテムはゴム手袋のようなグローブ「ガタカ」や「アメリカンサイコ」といった映画を見て感じた、二面性を持つ人間の潔癖性的な部分や繊細な部分を表現したかった、とショー後デザイナーの北澤は語った

 

その後もカラーパレットを白と黒の二色に絞り、ベルトや金具を使用した構築的でハードなアイテムが並んだ一方、「自分が着たいものを作りたい」(北澤)と、素材はカシミアなどを使用し柔らかく仕上げたショーの最後にはスクリーンでショートフィルムを上映革の椅子に腰掛ける男性が、もう一人の自分と出会うところで映像は終わるジバンシィ ハイヒール コピー「僕たちのコレクションは難しいテーマを掲げることが多いので、ランウェイの答えをムービーで表現したかった」のだという

公私共にパートナーであるデザイナーの佐藤や友達はもう一人の自分であり、「すごく大切な存在」だと語る北澤柔らかさや繊細さを含んだハードなアイテムは、彼らだからこそ作り上げられるものそれぞれの服に込められた想いを深く感じさせるコレクションだった