【ジバンシィ】ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション – ラグジュアリーとリアリティの狭間で

ジバンシィ

ジバンシィ(Givenchy) 2021年秋冬メンズコレクションが発表されたウィメンズとの合同ショー形式である

マシューMウィリアムズ初のランウェイショー

ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション - ラグジュアリーとリアリティの狭間で|写真1

マシューMウィリアムズがクリエイティブディレクターに就任後、初のランウェイショーとなった今季「自身の在り方をモニュメントに刻み込んでいくような、身に纏うことのできる音楽のような」ファッションを目指し、「BETWEEN MONUMENTS AND MUSIC」をテーマに据えた

音楽やモニュメントからインスピレーションを膨らませるクリエーションの姿勢は、ミュージシャンのステージ衣装からキャリアをスタートし、ハードウェアのデザインを強みとするマシューならではの感性といえるだろう

ラグジュアリーとリアリティの対比

ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション - ラグジュアリーとリアリティの狭間で|写真22

コレクションで追及したのは、“過剰なまでの贅沢”と“自制的な質実さ”のコントラスト優雅でラグジュアリーなエレメントと、リアリティのある感覚を両立させたリッチなムードを代弁するのがフェイクファーのコートパファージャケットをレイヤードすることで、よりリュクスなボリューム感を演出しているジバンシィ 財布メンズ コピー

ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション - ラグジュアリーとリアリティの狭間で|写真20

対照的に、コレクションに厳格な雰囲気をもたらすのが、端正なスーツルック身体のラインを美しく見せる絶妙なシルエットに、ジバンシィアトリエが脈々と受け継いできたテーラリングの技術が光る

ハードウェアが光る服

ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション - ラグジュアリーとリアリティの狭間で|写真3

マシューMウィリアムズの個性を感じられるハードウェアのデザインにも注目ジバンシー t シャツ コピーテーラードジャケットの前合わせには、U字型のパーツを取り入れてワンポイントにファーコートのフロントに配したファスナーは上質な輝きを放ち、機能性だけでなくその装飾性をアピールしている

ソフト&ハードなアクセサリー類

ジバンシィ 2021年秋冬メンズコレクション - ラグジュアリーとリアリティの狭間で|写真6

両極端の要素で遊ぶ手法は、アクセサリー類のスタイリングからも垣間見える目もと以外すっぽりと覆い隠してしまう耳付きのニット帽やふわふわとしたグローブ、快適な履き心地を提供する「マシュマロ」ソールのフットウェアは、身体を“ソフト”に包み込むものそれらと共にコーディネートされる4Gモノグラムチェーンのバッグや、パドロックモチーフのメタルチェーンネックレスは、“ハード”な質感でコーディネートに緊張感をもたらす