【ミュウミュウ】Y-3(ワイスリー) 2012-13年秋冬コレクション – 遊牧民からインスパイアされた伝統とモダニティの融合

ミュウミュウ

ニューヨークにて発表されたY-3(ワイスリー)の2012-2013年秋冬コレクション今回のコレクションは中央アジアの大草原を移動する遊牧民の文化にインスパイアされたもので、伝統とモダニティをブレンドしたスタイルを創出している

 

遊牧民が古くから身に着けてきた伝統的な民族衣装の要素を現代のスポーツウェアと組み合わせられているその結果アディダスの未来的なスポーツスタイルと、ウールのロングコートやシアリングのジャケットなど、ゴージャスなアイテムが見事に融合し、刺激的なウィンターウェアが完成した

 

コレクションの発想の源となったのは、身体の保護快適さ美しさを求めるという人間の根本にある欲求そのため、厚手のフリースニットセーターや、ゆったりとしたシルエットのコートやポンチョ、クラレットやジェイド(翡翠)といった色や風合いにこだわっているまた、マジックテープで自由に位置を変えられるコートのポケットや、ラペルにジッパーが付属されたジャケットなど、今季もモジュール性を重視したデザインが多いミュウミュウ 偽物

 

テクノロジーの成果(NASAが採用した画期的な保温素材W-181など)と民族衣装のディテールを巧みにミックスしているのも今季の特徴ウィメンズではキルティング地のボリューミーなミニスカートや、ヒョウ柄のカーディガン風ローブなどに取り入れられているスーパーコピー ミュウミュウメンズはクリエイティブディレクターの山本耀司のトレードマークとも言える黒のウールコートのバリエーションが発表され、ヒョウ柄のフェイクハラコでアクセントを付けたものや、ビッグシルエットのフリースのジャケットやショーツなど、アクセントの効いたゴージャスなアイテムが揃っている

「遊牧民の服の着方には、詩的さと優雅さがありますその感覚を捉えて現代的に表現したいと思いました」と語る山本耀司その言葉どおりに上品さを残しつつ、穏やかな遊牧民の生活を連想させるような、懐かしさと温かさが漂うコレクションに仕上がった